バリアフリーを必要とする層

ニュース

2014年2月20日
在宅介護を更新しました。
2014年2月20日
ドアを更新しました。
2014年2月20日
高齢者向けを更新しました。
2014年2月20日
おすすめのリフォームを更新しました。
2014年2月20日
二つの違いを更新しました。

キーワード検索

キーワード検索:

関心のある質問

在宅介護

在宅介護を検討しています。その上で、やはり介護がしやすいように家をリフォームした方がいいのではないかと主人と相談しています。バリアフリーにすることも視野に入れているのですが、その他にはどのような部分をリフォームするといいのでしょうか?ベストアンサー…

詳細を見る

ドア

同居している祖父のために、家をリフォームしようと考えています。祖父はまだまだ元気に見えるのですが、ついに要介護認定が出されてしまいました。そこで、ドアノブがついているドアから、もっと開けやすいドアに替えようという話が出ました。しかし、そこで意見が分…

詳細を見る

高齢者向け

高齢者が住みやすいお家って、具体的にどういうお家でしょう?パッと思いつくのは、階段やその他の場所に手すりがついていたり、玄関にスロープがついていたりする、ということくらいなのですが…。ベストアンサー高齢者にとって、住みやすい家にするためにはいくつか…

詳細を見る

おすすめのリフォーム

自宅を、バリアフリーにリフォームしようと思っています。経験者の方にお聞きしたいのですが、「これさえやっておけば完ペキ!」というリフォームはありますか?ベストアンサー結論から言います。「これさえやっておけば完ペキ!」というリフォームはありません。なぜ…

詳細を見る

二つの違い

バリアフリーと、ユニバーサルデザインって違うのでしょうか?どちらも同じように見えるのですが…言い方が違うだけですかね?ベストアンサーバリアフリーとユニバーサルデザインは、たしかに紛らわしいですよね。この2つは似ていますが、背景にある思想や対象者が違…

詳細を見る

障壁

バリアフリーとは、障壁を取り除くという意味があります。
ここで言う「障壁」とは、心理的なものと、物理的なものがあります。
まず、心理的なもので言えば、お年寄りや障がい者に対する心の壁です。勝手な思い込み、見て見ぬフリをする態度など、心には見えないバリアが存在しています。

そして、物理的なもので言えば、それは階段などの段差です。建物内は、階段だけでなく、様々な場所に段差があります。
これらは、足の不自由なお年寄りや障がい者にとって障壁となり、心地よい暮らしを妨げるバリアとなってしまいます。

つまり、バリアフリーというのは、広い意味で言うと心と段差などのバリアを両方取り除くという意味です。
ちなみに、もう少し狭い意味で言うのであれば、建物の段差をなくすことで、お年寄りや障がい者の方が住みやすい住宅にするという建築用語となっています。

住まいをバリアフリーにリフォームする時は、まだバリアフリーにする必要がない段階で行うのが難しいところです。
バリアフリーが必要になってから工事を始めると、工事が完了するまでに時間がかかるので、それまではかえって不便な暮らしとなってしまう可能性があります。
また、バリアフリーにリフォームをする時のコツとしては、最初から完璧な状態を目指さないということです。
その時になってみなければ、必要なリフォームもわかりません。
そのため、後になって不必要な工事だったという状況にならないように、現状と将来を見据えながらバリアフリーな住まいへリフォームしていく必要があるのです。